二〇一一年度から小学校5、6年生に、基本としては週1回の英語(最近は小学校でも授業があるらしいですね)が授業として組み込まれるようになっています。この事をきっかけに、スムーズに英語の授業についていけるよう、4年生ぐらいから英会話教室や英語の学習塾に通わせる事を真剣に考える保護者の方が多くなっているようですね。ふるくから言われている子供の早期教育の問題ですが、さすがに日本語もまだ理解できいないような幼い頃から英語を学習させるのは、疑問も残ります。けれど、小学校4年生ともなれば既に母国語への下地はきちんと出来ているでしょう。もし、子供も英語(日本人ってどうして苦手意識を持ってしまうんでしょうね)に興味を持っているようでしたら、ぜひ英語塾に通う事を勧めてみてください?もちろん、英語塾に通ったからと言って、すぐに英語(楽天では社内の公用語になるらしいです)が話せるようになる訳ではないんです。小学校の英語の授業についても、英語を理解するのが目的じゃなくて、英語の音声や表現に親しみ、外国の文化を学び、そして、英語によるコミュニケーション能力を養う事が目標であると言われています。保護者の方も、英語塾に通わせているのだからと過度な期待はしない方が賢明ですね。また、子どもが英語(日本人ってどうして苦手意識を持ってしまうんでしょうね)塾に行きたがらないと焦る必要もありません。英語は何も、塾だけで学ぶものではないからです。今は、英語の良質なテレビ番組も放送されています。人気アニメの英語版なんて子供はすぐに興味(人によって何にどのくらいというのは違うものです)を示しかもしれませんねね。英語の音楽を教材代わりにする事だって出来ます。小学生の頃は、どれくらい子供が英語に親しみを感じようになるかがポイントなのではないでしょうかー